DRIVER
参戦ドライバー
アンドリュー・グレイ 選手
山下広一 選手
RESULT
競技結果

FDJ Rd.6 11月12日(金)~13日(土)

単走クオリファイ

順位 選手 スコア
3位 山下広一選手 94
16位 アンドリュー・グレイ選手 87

最終戦を待たずしてシリーズチャンピオンを獲得した山下広一選手はFUJIでも好調をキープ。
1本目で90ポイントを獲得すると2本目は更に攻めた走りで94ポイントと得点を伸ばし3位でファイナルに駒を進めた。
今シーズン波に乗り切れていないアンドリュー・グレイ選手は得点を伸ばしきれず、16位でファイナルに進んだ。

追走ファイナル

結果 選手
13位 アンドリュー・グレイ選手
17位 山下広一選手

アンドリュー・グレイ選手はTOP32で予選17位の江崎選手と対戦。
少しバランスを崩すもスピードの差を見せつけ勝ち上がった。
続くTOP16では単走優勝の高橋選手との対戦。
追走ではまずまずの走りを魅せたが、先行時にマシンのバランスを失いコースアウトしてしまい、ここで敗退してしまった。
山下広一選手は斎藤選手との対戦。
先行ではいつも通りの安定した走行を見せたが、追走ではスピード差で先行車に詰まるような形で接触してしまい、齋藤選手のスピンの原因を作ったとして山下選手の敗退が決まってしまった。

SERIES RANKING
フォーミュラドリフトジャパンシリーズランキング

シリーズランキング

RD.1 RD.2 RD.3 RD.4 RD.5 RD.6
優勝 山下広一選手 優勝 優勝 6位 6位 優勝 17位
17位 アンドリュー・グレイ選手 9位 - 18位 14位 22位 13位
22位 植尾勝浩選手 準優勝 12位 - - - -

2021年のシリーズは全6戦で戦われた。
昨年チャンピオンとなった山下広一選手がその好調を維持し続け、3度の優勝と2度の単走優勝で2年連続のシリーズチャンピオンを獲得しました。
これまでに4度のシリーズチャンピオンを獲得しているアンドリュー・グレイ選手は、最高位が9位と振るわず厳しいシーズンとなってしまった。2022年は強いアンディが帰ってくることを多くのファンが期待している事でしょう。
植尾勝浩選手は2戦のみの参戦に終わりましたが、開幕戦では準優勝。第2戦でもポイントを獲得しシリーズを22位で終えた。

今シーズンもVALINOドライバを応援頂きありがとうございます。
2022年も引き続きVALINOドライバーの活躍にご期待ください。

2020年チームヴァリノレポートはこちら
2020レポートバナー